料金と選ぶ基準|古くからある風俗・ソープを楽しむ為に覚えておきたいこと。
キャップを持つ女性

料金と選ぶ基準

うつむく女性

トップページで「ソープは他の風俗よりもサービスが濃厚な分、料金が高額になっている」と書いていますが、具体的にどれくらいの料金が掛かるのでしょうか。
このページでは滋賀県の雄琴を例に説明していきます。

滋賀県の雄琴はソープ街としてかなり有名な街で、ソープの店舗数も多いです。もちろん料金はお店によってバラバラです。
デリバリーヘルスなど他の風俗でも同じですが、風俗店にはランクがあります。
明確な基準こそありませんが、料金によって大きく3つに分けられます。(もっと細かく分けると5~7つくらいに分けられます)
コース時間の割に安い価格で遊ぶことができる「格安店」、その反対で他の同ジャンルのお店の中でも頭一つ飛びぬけた高額料金が必要な「高級店」。
そしてそれらの中間に位置し、平均的な料金で遊ぶことができる「大衆店」があります。

雄琴にあるソープに関してもこれらのランクに分けることができます。
雄琴の場合、高級店であれば4~5万円程度、大衆店は2~4万円程度、格安店は2万円以下で遊べるお店というのがおおよその基準です。
ただし、料金が安いからと言って、サービスが悪い、プレイが濃厚ではないというわけではありません。
そのため、自分の都合のつく予算の範囲内のお店を選ぶ、または気になる女の子のいるお店を選ぶなどの基準で選ぶといいでしょう。